風呂敷の豊富な使い方

どこで買う?

 

風呂敷を購入する際には、実際に品物を確認してからにしたい
という方も多いのではないでしょうか。

デパート等の大型商業施設では、呉服売り場や
贈答品コーナーで販売されていることが多いです。

ふくさや小風呂敷のような小さめのサイズのものなら、
ハンカチ売り場にある場合もありますし、座布団や寝具の
ような大きなものを包むには布団売り場に
揃えられていることもあります。

最寄りに大型の商業施設がない場合は、
呉服店に行ってみるといいでしょう。

呉服店には、ハレの場にも使えるちりめんや金襴、
特殊加工された高級な生地の風呂敷も数多く取り揃えられて
いますし、ポリエステルや綿などの丈夫で普段使いも
できる、手入れのし易いものもあります。

祝儀袋

他にも和風生地を専門に取り扱う生地屋や、手ぬぐい専門店でも
風呂敷が販売されています。のしや水引を付けて、祝儀袋としても
使える物もありますし、常識にとらわれない大胆な色柄物や
洋風の柄を取り入れたモダンなタイプの物も
扱っている店舗もあります。

縮緬生地

 

豪華絢爛から“わびさび”まで!金襴の特徴と用途

組織の中でも非常に豪華なイメージを持っているのが金襴です。
横糸に金箔を絡ませたものを利用することで非常に高級感が溢れ人目を惹きつける
要素を持っているため、結婚式の祝儀袋を包んだり様々なお祝い事の席で利用する
ことが多いものです。

その豪華さとともに金自体が非常に縁起の良いイメージを持っていることから、
お祝い事の席では喜ばれるものでもあります。

さらに金襴は豪華なイメージがある反面落ち着いて見える部分もあり、さりげなく
利用することで相手に対しての敬意を表しながら雰囲気を和ませてしまう不思議な
力を持っているのです。
これが金襴の持つ独特の風合いと言えるものとなっています。

風呂敷に利用される織物の中にはその他にも西陣のような非常に落ち着いたものも
あり、これはどのような席でも利用できるものとして広く利用されています。

弔事の場合にはこちらが利用されるのが一般的で、引き締まった中に落ち着いた
雰囲気を醸し出してくれる記事となっているため、使い分けることが少なく
ありません。

様々な風呂敷の生地の中でもこの2つは代表的なものであり用途に合わせて
使い分けることが効果的な使い方となっています。

様々な場面で自分のイメージを表現してくれる代表的な記事でもあるため
その使い方を理解すると非常に利用しやすくなるものです。

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う