風呂敷の豊富な使い方

定番柄

風呂敷の定番のイラストと言えば、唐草模様が挙げられます。

テレビのバラエティ番組で、緑地に白い唐草の模様が
描かれている風呂敷に泥棒が盗品を包んで持っていく
光景を思い浮かべる方も多いでしょう。

唐草模様は本来は縁起の良い模様とされる吉祥文様の
一種で、あらゆる方向に成長していくことから
長寿祈願や、子孫が増えその家が栄えるということを
願い、嫁入り道具を包むものとして利用されていました。

長寿を表す亀甲文様、富貴を表す七宝柄や、発展を表す
扇の柄、健康の象徴となる麻の葉の模様等、日本独特の
美意識から作られた吉祥文様から多くのイラストが
使われてきました。

二つ結び

また、風呂敷にその家ごとに伝わる
家紋を入れることも多いです。

現在では、使われるイラストも多様化し
着物の柄でお馴染みの矢羽や梅柄、
ひょうたんやトンボなどの可愛らしい和柄、
手ぬぐいの柄でお馴染みの豆絞り等の
細かい模様が入った柄もあります。

また、洋服に合わせても使いやすいように
洋風の大きい花柄や、大胆な色使いの
ドットやストライプのような柄が入っているものも
デザインされるようになってきました。
自由度が上がってきたデザインを、風呂敷で楽しむというのも粋な物ですね。

ドット柄

 

泥棒=唐草模様のイメージはどこから生まれたのか?

ではなぜ唐草模様の風呂敷が、泥棒のイメージとして定着したのでしょうか。

吉祥紋をモチーフにした風呂敷は江戸時代に誕生しましたが、縁起のいいものを
日用品の風呂敷に使われたのです。

その後唐草模様の風呂敷は徐々に普及していきますが、明治から昭和になると、
大量に生産されるようになりました。

「縁起物」ということで多くの人に受け入れられたのもありますが、生産しやすい
ことも影響しています。

風呂敷は、幅約35~40cmx長さ約12mの反物をつなぎ合わせて作られます。
唐草模様の場合、つなぎ目がわかりにくいことが、生産しやすさにつながったのです。

どこの家庭にも必ず一枚は置いてあるほど普及していれば、泥棒に使われる可能性が
高くなります。

泥棒は大概手ぶらで民家に侵入し、盗品を運ぶ時、その家にある、大判の唐草模様の
風呂敷を使いました。

そうした泥棒のイメージが漫画やイラストとして描かれ、多くの人に浸透していった
わけですね。ですが、面白いことに浮世絵には唐草模様の風呂敷をかついだ泥棒の姿は
描かれていません。

風呂敷は江戸時代に誕生したものの、大量生産されてはいなかったので、そうした
イメージは定着していなかったと考えられます。

縁起の良い唐草模様の風呂敷がなぜ泥棒のイメージになってしまったのか、
それを紐解くカギは、大量生産による普及にありました。

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う