風呂敷の豊富な使い方

風呂敷実用例

私の引きだしには、柄に惹かれて買ったたくさんの
風呂敷たちがまだまだ眠っています。
とにかく素敵な柄が沢山あって、見つけるたびに購入してしまいます。
もはやコレクターのようになってしまっています・・・。

せっかく一目ぼれのようにして購入した風呂敷たち。
もっと沢山の出番を作ってあげたい。
それならば、1枚の布として考えると簡単ではないでしょうか。

たとえば、テーブルクロスやランチョンマットとして。
これなら、大好きな柄を全面に使うことができます。
サイズは50㎝ならばランチョンマットやナプキンとして。
センタークロスとして使うのもいいですね。

インテリア活用術

70㎝サイズを半分に折って、ライナーのようにつかうのもステキ。
100㎝角ぐらいの大きなサイズならば、テーブルクロスや
ソファーカバーに。

柄が好きで購入したものばかりだから、こうして
全体が見える使い方はお気に入りです。

パネルに貼ってインテリアにするのもおすすめ。
簡単に取れるように裏からテープやホッチキスなんかで
貼っておけば、気分で簡単に変えることもできるのです。

綿素材やポリエステル素材が多いから、汚れても洗濯できるから安心。
季節やお料理、ゲストに合わせて気軽に交換できるのも、
センス良くて好印象。

テーブルに載せるだけなので、難しい畳み方や使い方もなくて、
なにより手軽にできるのが一番いいですね。

見て楽しむ

暖色・寒色が食欲に作用する!?色と心理の関係

暖色は人間の視覚に用いると食欲を促す効果があります。

例えばテーブルクロスを赤やオレンジにすると料理がより美味しく感じる効果が
期待できるのです。

色には補色調和があり赤と緑など色を使用するとお互いが引き立ちます。
代表的な食卓の演出として、赤身のマグロの刺身に緑の大葉を添えると補色効果が
あるのです。

上手にテーブルクロスや暖色を食卓で使用すると、料理が美味しく見えるだけでなく
食欲がまします。ファミリーレストランやファーストフードのお店の多くが、赤の看板
や内装を利用するのはこれが理由です。

飲食店は視覚で食欲を感じるように工夫をしています。
料理で大事なのは補色調和だけでなく、類似や同系を意識する事にあります。
器と料理の色合いを考えて盛り付けると、両方が引き立ちます。

これらを工夫をするだけで家庭で作る料理がワンランクアップする事が期待できる
のです。食べる物に青を使うと違和感を感じる方が多く、まずいと感じる場合が
あります。

日本人は自然の空や海の色は好みますが、人工的に作った寒色は好まない傾向が
あるのが特徴です。味付けだけでなく器や周辺の色合いを工夫する事で、食事が
よりよく見えるので注意が必要になります。

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う