布文化

日本では、さまざまなものを布で包む習慣があります。

日常として

持ち運びに便利であったり、お祝いなどの大切なものを
汚さない為、贈り物としてなど、日本独特の文化の一つです。
風呂敷やふくさが代表的なものとして挙げられます。

まず、風呂敷はサイズのバリエーションも多く、大きいものを
包んだり、さまざまなものを持ち運ぶのに便利な布です。

風呂敷は、包み方、結び目の作り方でさまざまな表情をみせてくれます。
また、数箇所を結べば、カバンのように使うこともできます。

柄も、若い世代でも使いやすいトレンドを取り入れたものが
増えているので、古臭いというイメージも払拭できます。

また、ふくさは、結婚式や葬儀などにかかせないアイテムです。

いつでも使えるように慶弔どちらにも対応できるタイプを
手元に準備しておくと良いでしょう。

出会う

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う