風呂敷の洗濯や取り扱い

瓶包

風呂敷を洗うときには、素材が何か確かめて適切に対応しないと
縮んだり色あせが早くなってしまいます。

伝統的な作り方のものほど取り扱いに注意が必要です。

絹で織られたちりめんはドライクリーニングが最良なため、
洗濯機に機能がないときにはクリーニング店に
頼んだ方が良いです。

家庭で普通の洗い方をしてしまうと、肌触りなどが悪くなり
縮んでしまいます。レーヨンで作られたものも縮みやすい性質があり、
水で洗うことを避けなければなりません。

富貴

綿で作られた風呂敷はある程度の強度があり、洗濯機でも
洗うことが可能ですが、直射日光で乾かしてしまうと収縮します。

洗濯機で洗って乾燥機も使うことができるのは、ポリエステルで
作られているもので、日当たりの良いところに干しても
大丈夫ですが、染め方によっては色あせてしまう場合があります。

細かな細工で刺繍や金加工が施された風呂敷は
ポリエステルで作られていてもネットに入れるなどして
洗わないと、すぐに毛ばたちが目立つようになります。

COLUM・・・

風呂敷の柄

毎日使う